2016.06.03(FRI)

「二人の出逢いは必然 結婚式で亡き父に出逢えたのも必然」


とにかく思いやりがあって笑顔が絶えない慶造さんと茜さん。
結婚式当日、お二人から伝わるいつもと違う緊張感。
新郎様入場と同時に会場が一気に盛り上がり、ゲストから祝福の嵐。

その後、緊張は吹っ飛び!笑顔がいっぱいの結婚式が和やかに進んでいきました。

みんなの笑顔が大好きなお二人からのプレゼント。

女性にはブーケプルズ、男性にはめがねプルズ(新郎のめがねをプルズ)、お子様にはランドセルお菓子でみなさん大喜びでした。

披露宴終盤、慶造さんと茜さんと同じ日に結婚式を挙げられたおじ様とおば様からのサプライズ。

28年前のおじ様とおば様の結婚式で、「娘よ」を歌われている亡きお父様の映像。

「お父さんの動いている姿を見たことがない」とおっしゃっていた茜さん。
その夢を叶えるべく、おじ様とおば様がご準備頂いた最高のプレゼントでした。

最後、慶造さんからの謝辞。
入籍して1年が経った今、結婚式を挙げようと思ったのは、お母様への感謝の思いからでした。

慶造さんのお父様も他界されていらっしゃいます。
両家ともお母様がお二人を大切に育ててこられました。

だからこそ、この場を設けたいと思われたこと。
そして今日、この場にいらっしゃるみなさんとも偶然の出逢いから始まり、今はかけがえのない大切な方々ばかり。
茜さんとの出会いも、必然の出逢いだったと思えるようにしていきますと誓われました。

最後は、いつも周りに笑顔を与えてくださる慶造さんらしく、「最後は笑顔で!」と締めのお言葉。
ゲスト全員が涙を拭い笑顔でお開きとなりました。

私をつくってきたものは、まぎれもなく「出逢い」です。
「気が合う人」も「苦手な人」も、今にして思えば、それら全部を含めた「縁」が、いまの私を形作っています。

慶造さんと茜さんにも、ウェディングプランナーでなければ出逢えていなかった。
いろんな偶然からお二人の結婚式をお手伝いさせて頂けた「縁」に感謝です。